AGA治療薬~フィンペシアNavi~

人気AGA治療薬のフィンペシアに関する副作用について

フィンペシアの副作用

フィンペシアはプロペシアと同じ成分を配合していながら、価格が安く人気があります。
しかし、ほとんどのAGA治療薬には副作用があります。
人によって様々ですが、どんな症状が起きる可能性があるかを知っておくことはとても大切です。

性欲減退や勃起不全

考える

フィンペシアは男性ホルモンに直接働きかけるため、 副作用として性欲減退や勃起不全が起こることが稀にあります。
フィンペシアに含まれるフィナステリドは、男性ホルモンを抑制し脱毛を阻止する働きがあります。

このフィナステリドの男性ホルモンの抑制という働きは性欲とは直接の関係はないと言われていますが、
副作用として睾丸に痛みが出ることがあることがわかっています。
このことから性欲が減退したり最悪の場合EDになってしまう人もいます。
このような症状は薬の成分に慣れていけばなくなりますが、
続くようであれば服用を中止し医師の診断を受けてください。

初期脱毛

脱毛

フィンペシアの副作用として挙げらる症状の中で初期脱毛があります。
育毛のために薬を飲んでいるのにこのような症状が出てしまうのはなぜでしょうか?

それは、発育のサイクルの変化にあるとされています。
毛髪は、成長期→退行期→休止期というサイクルで、普通は成長期が1番長いのですが
AGAの人の場合、ヘアサイクルの乱れから休止期が1番長くなってしまいます。
そこでフィンペシアを服用すると、ヘアサイクルがリセットされヘアサイクルが乱れていた
時期に生えていた頭髪が抜けてリセットされます。
そして新しい頭髪が生えてくるのです。
これを知らないと、AGA治療薬を飲んだのになぜ抜けるの?と不安になりますが、
このような仕組みになっているのです。

頭痛や腰痛など

頭痛

体質によっては頭痛・腹痛・下痢や胃の不快感などの症状が現れる人もいます。
報告されている例としては軽い症状が多いのですが、毎日のことだと不安です。

また、肝臓機能への症状が大きく肝機能に関わる数値が上昇するようなことも報告されています。
このような症状が長く続くようであれば、服用を中止し医師の診断を受けてください。

↑ PAGE TOP

メニュー