AGA治療薬~フィンペシアNavi~

フィンペシアの価格とジェネリック医薬品購入のメリット

フィンペシアの価格は?

プロペシアのジェネリック医薬品として人気の高いフィンペシア。 フィンペシアはジェネリック医薬品なのでプロペシアより安いことは分かりますが、 その価格は実際にどのくらいなのでしょうか?

フィンペシアとプロペシアの価格差

men

では実際に、フィンペシアとプロペシアではどのくらいの価格差があるのか見てみましょう。

プロペシア(病院で処方してもらう場合)
内容量:28錠 約8,000円~10,000円

フィンペシア(キノリンイエローフリー)
内容量:30錠 約2,100円~
※個人輸入通販サイトを参考にしています。

先発医薬品であるプロペシアは、だいたい1錠あたり300円という価格で販売されています。
一方フィンペシアは、1錠あたり60円程度で販売されているのです。

フィンペシアとプロペシアは先発医薬品とジェネリック医薬品のため、
プロペシアには開発費などの費用がかかりません。
なのでこの価格が実現するわけですが、成分はほとんど変わらず
効果や副作用も変わらないとされています。

ジェネリック医薬品のメリット

うれしい

フィンペシアのようなジェネリック医薬品のメリットを見ていきましょう。

・価格が安い
・剤形が飲みやすい味・形に工夫してある

まず1番のメリットは価格がとても安くなるところです。
とくにフィンペシアのようなAGA治療薬は長い期間毎日飲み続ける薬です。
なのでコストダウンは利用者にとってはとても利点になります。

次に剤形です。 プロペシアのような先発医薬品は、薬そのものの形が飲みずらかったり苦い味がしたりすることがありますが
ジェネリック医薬品は工夫・改善をされているため、とても飲みやすくなっています。

フィンペシアのようなジェネリック医薬品にはこのようなメリットがあります。

↑ PAGE TOP

メニュー